« アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.2 2018夏 | トップページ | アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.4 2018夏 »

2018年5月31日 (木)

アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.3 2018夏

ハティクリ茶園2日目です。茶畑を歩いた後は工場へ。工場は茶畑のすぐ近くにあります。

大きな近代的な工場です。ハティクリ茶園の名前の下にトレードマークである象のマークが入っています。

Img_2505_4

Dsc_1760


入り口には従業員が足と手を綺麗にして、消毒する場所もありました。

Img_2522_2


衛生管理を徹底しています。

Img_2521_2

残念ながら工場の中は撮影は良いのですが、ソーシャルメディアにアップすることは禁止されています。工場の中も最新の機械が何台も並べられており、大量の紅茶が製造されていました。

なるべく人の手を使わずに、最新鋭の機械で紅茶がつくられています。

ハティクリ茶園はオーソドックスタイプだけかと思っていましたが、CTCも製造されていました。
CTCとはCrush(押しつぶす) Teas(引き裂く)  Curl(粒状に丸める)の意味で、茶葉がコロコロした形でチャイに向いている紅茶です。

インドの紅茶需要だけでなく、世界中から注文がくる中で大量に良質な安全な紅茶を供給するためには、最新鋭の機械は必要です。アッサム紅茶の供給力に驚くばかりでした。

工場見学の後はテイスティングです。こちらが工場の横にあるテイスティングルーム。

Img_0150

ラジャ・バナジー氏は驚くスピードでテイスティングをしていきます。いくつかの茶葉の大きさが違う紅茶をテイスティングしました。

Img_2698

ティップスがたくさん入っているグレードもありました。マカイバリジャパンが扱っているいるグレードは最高級グレードで、ストレートでも飲める紅茶です。

Img_0134

味についてもチャンドン氏とラジャ・バナジー氏は色々な話をしていました。

Dsc_1881

工場の横には従業員のための食堂(キャンテーン)があります。

Img_0147

栄養のバランスがとれた食事が食べられます。従業員の健康は何より大事です。

Img_2508

チャンダン氏の自宅では目覚めるとモーニングティーを部屋まで運んでくれます。
部屋で飲むのはもったいないので、開放的なリビングルームで朝の紅茶を楽しみます。最高に贅沢な気分です。

Img_0226

Img_0234

続く

|

« アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.2 2018夏 | トップページ | アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.4 2018夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/66780626

この記事へのトラックバック一覧です: アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.3 2018夏:

« アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.2 2018夏 | トップページ | アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.4 2018夏 »