« インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.7 2018夏 up | トップページ | インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.9 2018夏 »

2018年6月 7日 (木)

インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.8 2018夏

昨日、サンジャイ・ダス氏に「明日は午前7時に集合して茶畑を散策しましょう!」と言われて、頑張って早起きをしました。まだ日本時間でもあったので、朝早く起きることは問題ありませんでした。
(※日本はインドよりも3時間30分進んでいます)

茶畑はもう夏摘みセカンドフラッシュの色になっていました。

Dsc_1915

雨が降り、太陽の日差しをあびるごとに新芽は元気よく育ちます。紅茶の花、そして種もできていました。こちらが種です。マカイバリ茶園では種からも苗木をつくります。種はその環境にあったものしか発芽しないので、挿し木に比べると土の中で奥深く根を伸ばし、丈夫な茶木になります。

Img_6266

茶畑に中にある学校はもう始まっていました。休み時間で皆外で遊んでいました。

Img_2825

ラジャ・バナジー氏と同じようにサンジャイ・ダス氏は子どもたち一人一人に飴をあげます。子どもはマカイバリ茶園の宝です。

Dsc_1933

犬も学校で子どもたちと一緒に過ごしていました。マカイバリ茶園では犬たちは鎖でつながれることなく、自由です。

Dsc_1942

茶摘み女性にも遭遇。春の時と比べると茶摘み籠にはたくさんの葉が入っていました。新芽が育つのが早いためです。

Dsc_2007

摘みたての茶葉はフレッシュです。

Dsc_2013

茶畑のいたるところでは、木や苗木を植えていました。ラジャ・バナジー氏がいうように「木を植えよう」ということを実践していました。

Dsc_1992

サンジャイ・ダス氏は茶畑の奥深くを進んでいきます。サンジャイ・ダス氏はまだ44歳と若いので、体力もあり、茶畑を歩くことは苦でもありません。

Img_6244

歩くペースが速いので着いていくのが精いっぱいです。

Dsc_2056

平坦な茶畑だけでなく、森に入るとジャングルのような道にもなります。

Img_6242

Img_2906

湧水もでています。貴重な水です。

Img_2907

さすがに1時間以上もアップダウンの道を歩き続けていると疲れてきたので「ちょっと休憩しましょう」、と言うととまってくれました。その時、彼は足元で大きなミミズを発見!!

Dsc_2045

蛇かと思うくらいの大きさです。ミミズがいることは土が豊かな証拠です。

Img_6258

更に1時間近く歩き続けた後、小川が流れる涼しいスポットで朝食になりました!

Img_6264

水の音、鳥や虫の声・・。深い森の中のマカイバリ茶園の中枢のようなところです。

Img_2921

ここで朝食を食べることになりました。

Img_6261

りんご、バナナ、卵、ポテトチップス、サンドイッチなど。自然の中でいただく朝食は最高です。

Img_6259

朝食の後も更に1時間近く歩きました。心地よい汗をかき、疲れているはずなのに、マカイバリの自然からエネルギーをもらったために体はリフレッシュされ、爽快な気分になりました。

茶畑を歩くと、マカイバリに来たと実感します。自然の力は不思議だと思いました。

続く

|

« インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.7 2018夏 up | トップページ | インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.9 2018夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/66802142

この記事へのトラックバック一覧です: インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.8 2018夏 :

« インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.7 2018夏 up | トップページ | インド駐在ブログ:アッサム・ハティクリ茶園&ダージリン・マカイバリ茶園訪問記 Vol.9 2018夏 »