« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の6件の記事

2018年8月31日 (金)

デリーの日々 (5)インドで手打ちうどん

お手つだいのキランが「昼食用の乾麺がありません」と、言ってきました。日本からの持参品ですから、いつかは終了します。「手打ちうどんをつくったことがありますか?」「いいえ」「インドの粉で作りますか?」「ぜひ教えてください。」ということで、インドの粉で美味しい手打ちうどんを教えました。


私専用の古い料理用保存袋から手打ちうどんの作り方を探し出しました。我が家には家庭用の製麺機を日本から持ってきています。
Photo


最初は分量通りにします。インドにはチャパティなどこねる食文化がありますので、しっかりと練るのはお手の物です。ぬれふきんで包んで2時間ほどねかせます。
Photo_2


2時間後。製麺機でのばします。カットして出てくるところが右隣です。
Photo_3

細めんを食べたかったので、生地をうすくにしました。
Photo_4

最初ですので素うどんにして食べました。腰がありとても美味しかったです。
Photo_5

1978年から1982年までインド・ニューデリー。1988年から1991年までカタール・ドーハ。1992年から1995年再度インド・デリー。1995年以降は個人ビジネスでインドに残り、現在に至っています。その中で手うちうどんは製麺機とともに我が家の定番でした。このブログでも何度も紹介してきました。今回も思いもかけずお手伝いさんに教えることができましたので、今後は若い人たちの工夫で焼うどんなど新しい感覚のうどん料理をインドで食べてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

デリーの日々(4) 通信手段 お手伝いさん そのほか 今昔

私は1978年から1982年夫の商社駐在により家族でデリーで生活をしていました。その頃の通信手段は電話と手紙でした。国際電話は非常に高かったです。国際電話を予約して4~5時間ほど経過して、つながるのでした。時には翌日の夕方に突然「国際電話がつながりました。」と連絡がきても、何を話すのか一瞬忘れたこともありました。懐かしき1978年時の電話機。
Photo_2

ところが今では、インドと日本はLINE(ライン)で瞬時に無料で繋がります。インドの人は、ラインは使用せずWhatsApp(ワッツアップ)です。インドの人と話す時は私もワッツアップで話します。隔世の感があります。


1978年無税で通関を通すのが大変だったソニーのテープレコーダーが暖炉の上にあります。そういえば冬が近づくと煙突掃除人を頼んでいました。デリーの冬は朝晩10度前後まで気温が下がり、寒いのです。夕方になるとお手伝いさんが暖炉に火をくべてくれました。ほんのりと家中が温かくなりました。暖炉の左横にあるエアコンもその当時貴重品でした。大きな音でうなっているエアコンでしたがよく効きました。今では全室にダイソンやパナソニックの冷房のみのエアコンが取り付けられています。最近停電は少ないです。
Tukue

昔のロディ公園内の写真です。今はきれいに整備されています。
Photo_6

現在我が家で働いているお手伝いのキランと犬の「しろ」 。1978 年から1982年代はカース制度が日常的にまだ厳しく残っている頃でした。料理人 ベアラー(料理を運んだり、床から上の仕事をする)ドービー(洗濯専門)スイパー(床掃除、床拭き、ゴミ捨て)子どものいる家はアーヤ(乳母)と最低5人は雇う必要がありました。現代は1人でなにもかもやってもらいます。インド日常生活では日本に比べて今でも不便が多いですし、雇用の意味でもお手伝いさんは必要だと思います。良い人に巡り合うことが第一条件ですが・・・。
Photo_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

デリーの日々 (3) 雷と大雨

8月28日インド時間朝4時から5時にかけて豪雨と轟音の雷に肝を冷やしました。日本に連絡をすると東京も大雨だったとのことでした。インドも日本も北半球なのでよく似た気候条件になることがあります。


朝は何ごともなかったかのように静かです。グルモハールパーク・クラブハウス門前に水たまりができていることで雨が降ったことがわかります。
Photo


気温は27度前後。木々が美しいです。お手伝いのキランの朝,、第一声は「気持ちのよい朝ですね!」
グルモハール樹、夏の名残の赤い花が少し咲いています。
Photo_2


グルモハールの樹にインコが4羽もきていました。木々の緑の中に同じ緑で分かりづらいです。
4


下の階の大家さんが毎朝必ずあげる餌がまだ少し残っており、リスとインコが仲良く餌を食べていました。
Photo_3


道路には引き売りの八百屋さんが2組来ていました。毎朝のグルモハールパーク日常景色です。
Photo_4


Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

ラジャ・バナジー氏の誕生日!

今日、8月27日はラジャ・バナジー氏の71回目の誕生日です。
公には誕生日は8月15日(インド独立記念日)ですが、本当の誕生日は8月27日です。

Img_7101_2


ラジャ・バナジー氏の父上は、Swarajee(スワラジー)という名前をラジャ・バナジー氏につけました。
ラジャはマハラジャの子孫なので、周りがラジャと呼び、本人もラジャと呼んでいます。
Swarajee(スワラジー)の意味は独立です。1947年8月15日にインドはイギリスから独立しました。父上は息子に独立心を持って欲しいという気持ちをこめてインドがイギリスからの独立を目指していたときのスローガンのスワラジー(独立)と命名し、1947年8月27日生まれですが、インドが独立した1947年8月15日に公の登録日としました。パスポートは8月15日です。

Img_7092


シリグリの街で、家族や友人に囲まれて71歳の誕生日を迎えたラジャ・バナジー氏。今でもエネルギーに溢れ、目標に向かって精力的に活動されています。
マカイバリ茶園のマネージャーのサンジャイ・ダス氏が、誕生日パーティーに参加したので、その時の写真を送ってくれました。

Img_7088


こんなに大きなケーキが用意されました!

Img_7090


奥様のシュリパさんも見守ります。「71」と「17」が逆さになっています。

Img_7091


ラジャ・バナジー氏のオーストラリアにいる孫も参加です。

Img_7107_2


皆にケーキを配るラジャ・バナジー氏。

Img_7098

大胆な配り方です。

ラジャさんお誕生日おめでとうございます!71歳も素敵な1年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

デリーの日々(2) インドでの昼食と夕食

お手伝いさんが作ってくれるインド我が家の昼食は、麺類が多いです。昨日は、日本から持参した日本そばが出てきました。つゆが写真に写っていませんが日本から持ってきた瓶詰つゆです。マッシュポテト、グリンピース・
インゲン・椎茸の醤油味煮つけ、梅干しです。
Photo

昨夜の夕食。玄米ご飯に味噌汁とおかず。玄米は秋田県須田商事さん有機農法米。私は社長須田みゑ子さんのフアンで15年以上のお付き合いです。野菜たっぷり味噌汁は鰹節を削って昆布入り。有機味噌。鶏肉 椎茸 インゲンの煮つけ。黒ゴマたっぷり。ホウレンソウの胡麻和え。タケノコ入り佃煮
Photo_2


インドでの食事は基本的に自宅で、日本食が多いです。娘はお手伝いさんがつくるお弁当を持参しています。自宅の食事は油を極力少なく、ハッピーハンターで販売しているオーガニック野菜をたっぷり食べることにしています。日本からインドに行く時は、玄米、味噌、醤油、みりん、酢、鰹節、乾麺日本そば、そばつゆ、玄米もち、ゴマ、わさび、等になります。 外食はなんでも食べます。インドの方に招かれたり、逆にお招きしたりする機会も多いので、その時は油と香辛料たっぷりの美味しいインド料理を堪能します。

インドのカラス。日本のカラスは真っ黒で怖いイメージですが、インドのカラスは人懐っこく可愛いです。食事をしていると必ず飛んできて挨拶をしますので、ブッピーとあだ名をつけて呼んでいます。名前を呼ぶと鳴きかえしてきます。
Photo_4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

デリーの日々 (1) インドでの朝食

10か月ぶりにインドに来ました。 石井洋子がお届けします。よろしくご愛読お願いいたします。


日本の今年の夏の猛暑はすさまじいですね。よくインドと比較されます。今日まで1週間のデリー生活は、エアコンなし、天井の扇風機で気持ちよく過ごしていますので、インドの方が凌ぎやすいです。インドは雨季の最後の頃になっています。時々、日中大雨が降りますが、1時間ほどで止んでしまいます。

我が家のベランダ。ここにもしっかりと天井扇風機が取り付けられています。夕方、このテラスで、熱いマカイバリ紅茶と冷凍和菓子に読書。天井の扇風機が心地よい風を送ってくれます。
3


今回は食べ物からスタートします。


お手伝いのキランが作ってくれる朝食。
今朝のスープは味噌汁。鰹節で出汁をとります。野菜の具と昆布。鳥ガラ出汁と野菜をミキサーにかけた野菜スープも味噌スープと交代で出てきます。
2018_2


パンにするか? ご飯にするか?と聞かれたのですが、チャパティを頼みました。写真のような熱々の脹らんだ
チャパティが美味しいのです。インドの人でも美味しいチャパティをつくれる人は少なくなっています。
Photo_5

チャパティに卵焼きとマンゴーをのせて、時にはマヨネーズをいれます。
2018_4


くるくるまいて3枚いただきます。本場でのチャパティを食べられることに感謝です。
Photo_7


その他に健康によいというインド伝統アーユルヴェーダ・サプリメント食品をいただきます。

ある朝のインドでの朝食メニューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »