« デリーの日々(16)住宅街に猿の親子 | トップページ | デリーの日々(18)インドは毎日が敬老の日 »

2018年9月17日 (月)

デリーの日々(17)ハッピーハンターでの商談

今回約1か月のデリー滞在日々でしたが、ハッピーハンターには仕事関係の方との商談によく利用しました。日本のマカイバリジャパン姉妹会社としてインドのハウスカス・メインマーケットに5年前にオープンしました。

看板。下にはマハトマ・ガンジーが奨励したアンティーク糸紬機が飾ってあります。
Kannbann

入り口の木の扉は、100年前のジェーン教寺の門です。木彫りが素晴らしいです。御殿場の「時之栖」にも同じような扉がインドから取り寄せて大きなガラスケースにいれて飾ってありました。
Photo


この木彫りは結婚時に花嫁が嫁ぎ先に行く時にのる神輿です。
Mikosi


スタートはマカイバリ茶園紅茶を中心とした紅茶専門店でした。
Photo_2


紅茶関連グッズ
Photo_3


最近では日本人のパン職人さんがつくっている美味しいパン類も扱っています。
Photo_5

Photo_9


日本人女性土屋さんがヒマラヤ地方の農家の方と契約してオーガニックの野菜をハッピーハンターに納入しています。大変味濃い新鮮な野菜です。今回の滞在中美味しくいただきました。
Photo_6


Photo_7

何と土屋さんは手作り納豆まで自家製で作り始めました。風味があり大豆煮かげんが抜群。粘りも十分すぎる。新鮮で大変美味しいです。
Photo_8

パティシエの女性が5年前からつくっているケーキです。さすがプロの日本人好みの味です。
Photo_10

日本人女性2人のデザイナーが、インドの材料を使用して、お洒落な品々を作成して販売しています。

Photo_12


奥に3部屋ある喫茶室の紅茶もポットででてくる本格的紅茶です。ここがインドの生産者とお会いする商談の場所でした。
Photo_11


ハッピーハンターは、インドに個人で進出してきた日本人の方々に売る場所を提供しています。それとともにインドの小さな生産者のオーガニック野菜や果物、その他、優れた職人技術グッズ等・・・ ハッピーハンターで取り扱っています。様々な優れた商品が陳列されています。毎回インドに来るたびに楽しみにしています。


私どもマカイバリジャパンも日本で扱える商品があればインドの小さいオーガニック生産者の力になりたいと思っています。

|

« デリーの日々(16)住宅街に猿の親子 | トップページ | デリーの日々(18)インドは毎日が敬老の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/67177946

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの日々(17)ハッピーハンターでの商談:

« デリーの日々(16)住宅街に猿の親子 | トップページ | デリーの日々(18)インドは毎日が敬老の日 »