« デリーの日々(8)ネルー大学モトワニ教授 | トップページ | デリーの日々(10)テニス大坂なおみの新聞記事 »

2018年9月 6日 (木)

デリーの日々(9)インドでレバノン料理

デリー在住のスペイン人友人に昼食を招待されました。

場所は観光地として有名なクトゥブ・ミーナールのすぐそばに開発された、クトゥブ・ミーナール・ヴィレッジです。
広い敷地に大きな立派な近代的建物がいくつも建てられていました。
Photo


その中の一つがレバノン料理レストラン『RAVAASA』です。友人の知り合いが経営をしているそうです。
出来立ての料理が出てきて美味しくいただきました。

チーズと野菜を餃子のように包んでいます。
Photo_3


チーズ巻きの中にラムのひき肉が入っていました。
Photo_4


トマト味にラム肉
Tomato


ライス
Photo_5

友人
Photo_6

お洒落なメニュー説明書
Photo_7


香辛料のバランスがよく、人生初のレバノン料理を美味しくいただきました。


|

« デリーの日々(8)ネルー大学モトワニ教授 | トップページ | デリーの日々(10)テニス大坂なおみの新聞記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126103/67135656

この記事へのトラックバック一覧です: デリーの日々(9)インドでレバノン料理:

« デリーの日々(8)ネルー大学モトワニ教授 | トップページ | デリーの日々(10)テニス大坂なおみの新聞記事 »