« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の1件の記事

2019年7月19日 (金)

明治大学での授業

 

7月15日(月)には明治大学で「公共経営学特別講座A」の授業の中でマカイバリ茶園の話をさせていただきました。

明治大学では10年以上、色々なテーマでマカイバリ茶園の話をさせていただいてきました。

Img_0076

3連休で15日は海の日だというのに多くの学生がキャンパスにいました。まもなく前期試験があるためだそうです。
学生たちは冷房がきいた近代的な図書館のカフェで、パソコンを前に勉強をしている姿は私の頃とはだいぶ異なります。

授業ではマカイバリ茶園が公共性の観点からどのような社会的なインパクを与えているのかということを1.環境 2.人々 3.経営という観点から話をしました。

Img_0082 

特に経営についてはラジャ・バナジー氏が経営理念として掲げていた「Holistic(全体的なつながり)」の視点に立ったSustainable(持続維持継続性)な経営」という内容は一番、若い人たちに知ってほしいことです。

Img_6304

利益を追求するべくPrivate Companyでも、経営を行っていく上で公共性の側面を多く持っています。特にマカイバリ茶園では社会に大きな影響を与える経営を行い、今も継続されています。

Dsc_1145

若い人たちには将来、これから社会に出た時に公共性や社会性といった視点を是非とも持って欲しいと思って講義をしました。

今の大学の授業は1コマが100分です。話していると夢中であっという間に時間は過ぎてしまいましたが、休憩なしの授業なのでかなり長い授業だったと思います。

マカイバリ茶園の理念を若い人たちにメッセージとして伝えていくことは今後も続けたいと思います。

 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »