« 2020年南インド出張 (ニルギリ紅茶農園訪問 ⑪チャムラージ茶園の福利厚生) | トップページ | マカイバリ茶園より »

2020年2月24日 (月)

2020年南インド出張 (ニルギリ紅茶農園訪問 ⑫チャムラージ茶園の孤児院)

チャムラージ茶園には男の子と女の子の孤児院があります。女の子の孤児院は私たちが泊まっていたゲストハウスのすぐ近くにありました。

13人の女の子たちが現在、この孤児院で生活をしています。手づくりのお花とYou Tubeで覚えた日本語「ようこそいらっしゃいました」で私たちを出迎えてくれました。
Img_4708

アヌーさんがお母さんとしてお世話をしています。アヌーさんのお嬢さん2人もこの施設で一緒に育っています。

Img_4719

17歳までこの施設にいてもよく、施設を出た後も困ったときはチャムラージが援助をしてくれます。政府の援助なく、運営している孤児院です。
彼女たちにとってここは家(Home)です。卒業してもいつでも戻ってこれる場所です。

Img_4713

毎日学校に行き、家に戻るとスポーツや絵を描いたり、各々が好きなことをして過ごします。
ダンスも習い、私達にカタックダンスを披露してくれました。
Img_4721
Img_4753

Img_4744 
つくった作品を色々と見せてくれました。
Img_4759
こちらは茶摘み女性です。普段見ている光景です。

Img_4768

彼女たちのほとんどが何らかの事情でお母さんがいなく、お父さん一人では育てられないということでこの施設に入っています。
ここの施設は安全であり、何よりも心あたたまる環境です。皆、安心して勉学や好きなことに励めます。

彼女たちの笑顔からそれが伝わってきます。チャムラージの懐の大きさを感じます。

写真の右側の少年はチャムラージの孤児院を卒業して、近くの有名ホテルで働いています。チャムラージは本人の希望に沿うように就職先も紹介します。

Img_4526 
仕事に生きがいを感じて活き活きと働いています。彼がいれてくれた紅茶、ケーキは特別な味がしました。
Img_4522

Img_4521

今回の南インド出張(ポアブスコーヒー農園およびチャムラージ&コーラクンダ茶園)は、企業の社会貢献についていろいろと学んだ出張でした。

間もなくそれぞれの農園からオーガニックコーヒーとオーガニックニルギリ紅茶が届きます。
ラジャ・バナジー氏がいつも言う「Holistic(全体的なつながり)」の大切さを感じます。美味しいものがつくられる背景には、生産者がいて、それを支えるオーナーがいて、そして消費者がいて、、と全てがつながっています。マカイバリジャパンの役割もあり、茶園のメッセージ、そしてそこで働く人々のことも商品とともに伝えていきたいと思います。

 

|

« 2020年南インド出張 (ニルギリ紅茶農園訪問 ⑪チャムラージ茶園の福利厚生) | トップページ | マカイバリ茶園より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年南インド出張 (ニルギリ紅茶農園訪問 ⑪チャムラージ茶園の福利厚生) | トップページ | マカイバリ茶園より »