« 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:19 マカイバリ茶園で始まった新しいこと | トップページ | 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:21  Taji Hotel Chia Kutir »

2021年11月 3日 (水)

2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:20 紅茶教室@マカイバリ茶園

2021年マカイバリ茶園秋訪問記(10月5日~10日)を発信しています!
インスタグラム、Facebookでアップしていたものをブログでも発信しています。

マカイバリ茶園のティーソムリエ・パルビーズさんとマカイバリ茶園出身のサントキの名コンビが、マカイバリ茶園や紅茶の魅力を伝えてくれます。

動画1枚目:
これほど人を惹きつける語り手は初めて!アッサムの茶園から修行が始まったパルビーズさんの紅茶人生。4年後に送られた先がダージリンでした。景色の美しさ、ダージリンの魅力に1週間もせずに恋に落ちた、と語っています。

彼の経験と心の底から発せられる言葉一つ一つに彼の紅茶への情熱が宿り、聞いている私たちはあっという間に彼の紅茶の世界に引き込まれていきました。

2022年、パルビーズさんがダージリン紅茶に魅せられてから30年を迎えます。

台本もなく、質疑応答にも柔軟に話題を変えていき、1時間の紅茶教室はあっという間に過ぎていってしまいました。

動画2枚目:
パルビーズさんのアシスタントのサントキ。マカイバリ茶園で生まれ育った3代目です。彼女のおじいさんが、茶畑で苗木を植えていたそうです。インドの茶園では、働いている人が何世代にもわたって家族で茶園に住み、茶園で働きます。

サントキが淹れてくれたシルバーニードルズは「ハーブティーに砂糖を入れたの?」と言うくらい深い甘味が優しく染み渡る、印象的な紅茶でした。心を込めて淹れてくれたのが伝わってきます。

写真:
紅茶教室は、ロビーの中央で行われます。ロビーで寛いている人も、じっと耳を傾けていました。紅茶のことだけでなく、マカイバリが大切にしている「自然との共生」や「フェアトレード」について、少しでも多くの方に知って頂ける機会になれればと思いました。
245539253_300979898192495_63832217102784 245968948_199671568939591_80760997374886

245242502_171333578502162_17966189939916

|

« 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:19 マカイバリ茶園で始まった新しいこと | トップページ | 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:21  Taji Hotel Chia Kutir »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:19 マカイバリ茶園で始まった新しいこと | トップページ | 2021秋 マカイバリ茶園訪問記 秋 Vol:21  Taji Hotel Chia Kutir »