カテゴリー「インド:お祭り」の48件の記事

2012年1月13日 (金)

Hppy Lohri!

インド・ニューデリーからお届けしている、マカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


今日はLohri(ローリ)。
パンジャブ地方の収穫祭です。


1301201201


我が家の大家さんはパンジャブ出身。
家の前でたき火をし、ピーナッツやポップコーンを火に投げ入れ、この一年の豊作と幸せを祈ります。


1301201202


道行く人にも声を掛け、ピーナッツやポップコーンを袋いっぱいにお土産として持たせていました。

インドのお祭りは太陰暦で決まるので、毎年祭日が変動します。
ローリは、収穫を祈願するだけでなく、この日を境に冬が終わるとも言われているそうです。そして、冬の寒い最後の日に、焚き火にあたりながら、歌ったり踊ったりするのです。


1301201203


もちろん、我が家の目の前にあるクラブでも、今日はローリを祝います。

1301201204


写真手前は、ローリ用の焚き火。
今日は、バックミュージック付きで歌手が歌い、踊りも披露されました。


1301201205


気がつけば、こんなにたくさんの人!


1301201206


行き交う人同士 「Happy Lohri!」 と挨拶。

そういえば、今日電話で話した仕事先のインドの人から「Happy ○○○」と言われ、聞き取れなかったので、当たり障りのないところで「Happy New Year」と返事したら、無言でした。きっと「ハッピー ローリ!」って言ってくれていたのでしょうね。 あ~ごめんなさい。

1301201207


パンジャブ州の料理。
トウモロコシの粉でつくったパラタ(油で焼いた薄焼きパン)と
ホウレンソウのカレー。


素朴ながら、体がほっとする味でした。
おいしかった。

***     ***     ***


はてさて、明日から暖かくなるのだろうか?
石でできたインドの家は、冬は冷蔵庫の中にいるみたいです。
寒い!!!

web: マカイバリジャパン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

Janmashtami クリシュナ神の誕生日

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


本日8月22日は「Janmashtami」。ヒンドゥー教クリシュナ神の誕生を祝う日です。


2011082201_2

近所のマーケットには一週間前から露店が並び、道行く人がこぞって「ある物」を選んでいます。


2011082202洋服


2011082203_2ネックレス、イヤリング、ブレスレットなどなど


2011082204ターバン


2011082205ブランコまで!!


実はこれ、


2011082206


赤ちゃんクリシュナを飾るアイテムだったのです!!


完成形はこちら


2011082207


なんだか皆、楽しそうに選んでいました!


***     ***     ***     ***     ***


そしてJanmashtami当日。
前回のブログでは、オフィスを休日にするか悩んでいましたが、結局スタッフたちは通常通り出勤してくれました。


外回りにの途中、迷い込んだ住宅街で、素敵な風景に出会いました。

2011082209


クリシュナ神を描いたランゴリ(色のついた粉で描いた砂絵のようなもの)。


2011082210

子どもたちが玄関先で大きなランゴリを描いていました。


2011082208

クリシュナ神の人生を描いたようです。


***   ***   ***   ***   ***


Janmashtamiのこの日、クリシュナ神の人生を劇で演じたり、歌を歌ったり、クリシュナ神が大好きな甘いお菓子や乳製品、そして果物をお供えし集まった親族で食べます。また、クリシュナ神に自らを捧げる意味を込め、日中、断食をする人もいるそうです。


生活様式が急速に変化しているデリーでも、未だに宗教儀式や親族との繋がりを大切にしています。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

ラクシャバンダン、独立記念日、あっと言う間の一週間

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


あっちっち〜。

11082001 お昼寝中ですよ Zzz... (ドアの隙間からクーラーの涼しい風が流れて心地よいのです!)


デリーはモンスーンの真っ只中。


11082002_2

今年は冷夏と言えども、時おり顔を見せる太陽が一気に湿度を上げ、湿度90%以上の蒸し風呂状態。


暑さにひーひー言っていると

11082003_4

再び雨。


そんな先週末(8月14日・土)はヒンズー教のお祭り「ラクシャバンダン」

11082004ラーキと呼ばれる手首に巻く紐


ラクシャバンダンは、姉妹が兄弟に「これからも私のことを守ってね」と願いをこめて、兄弟の右手首にラーキを巻くお祭りです。小さい子も、お年を召した方も、年齢に関係なく、兄弟姉妹が集まってラーキを巻きます。兄弟からは、お菓子やお金がお返しとして渡されます。


11082005マーケットには、ラーキの露店が。


日本では「兄弟・ブラザー」は、二親等ですが、インドでは「従兄弟」もブラザー。最初の頃は、「インドの人って、やたらブラザーとか、シスターが多いんだな。やっぱり人口多いしな」なんて思っていたら、そう言うことだったのですね。

我がオフィスで働いているヒンズー教の人たちはもちろん休日。さらに、クリスチャンの人も、「ラーキを巻きにブラザーの家に行くから」と、半休をとりました。宗教に関係なく、お祭りを楽しみ、親族と過ごす機会を大切にするのって良いな、と一人残された仕事場で思いました。(もしこのお祭りが日本でもあったなら、私は11人の従兄弟に会いに行かないと!)


そして月曜日、8月15日は64回目の独立記念日。

11082006グルガオンのショッピングモールにて。オレンジ、緑、白、青のインド国旗をイメージした飾り


15日は国民の休日、と言うことで、珍しく3連休でした。
日本では3連休になるように祝日を月曜日に移動することがありますが、インドの場合は、あくまでも太陰暦や「その日」を大切にするので、3連休になることは滅多にありません。もちろん振替休日、という発想も・・・。


そんなこんなで、あっと言う間にやってきた土曜日。

11082007信号待ち中の一枚


インドでは土曜日も仕事をしているオフィスがほとんど。もちろん、我がオフィスもです。


今日、取引先のインドの人に
「じゃ、来週の月曜日にまた来ますね!」と言ったら、「月曜日はホリデーです」と言われました。

どうやら、クリシュナ神の誕生日で、この8月は2週続けて連休だったようです。祝日が太陰暦で毎年変動するので、日本のカレンダーを使っていると、祝日なのに一人知らずに仕事をしていることが多々あります。。。


***     ***     ***     ***     ***

頂いたコメントへのお返事ができず申し訳ございません。
今しばらくお時間をください。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

インドのクリスマス

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


年末ですが、クリスマスの回想録を・・・。


10123001


ヒンズー教のイメージが強いインドですが、最近ではクリスマスも楽しむようになりました。(多分、インドの大都市のみでしょうが)


10123002


せっかくなので、私も街へ繰り出しました。


10123003


すごい人!
さすが人口世界第二位を誇るだけあって、ちょっと何かあると、すぐに人が集まります。


ご参考までに、↓が普段の風景。


10123004


クリスマスなので、ギフトを買っている人もいましたが、殆どは私のように雰囲気を楽しみに来た人ばかり。階級制度が残るインドでは、新しいもの(ショッピングモールやメトロやカフェなど)に「来る人」、「来ない人」が自然と分かれます。中には、入り口の検問でおもむろに断られるケースも何度か目にしました。このショッピングモールではそのようなことは今まで見たことがありませんでしたので、ただ単に彼らが来なかっただけなのでしょうが、クリスマスの日は、大勢の人たちが訪れていました。


***   ***   ***   ***   ***

イギリスから独立したばかりの頃、デリーでは上流階級の人たちがクリスマスを祝っていたそうです。家にはクリスマスツリーを飾り、聖歌隊がクリスマスキャロルを歌いながら街を歩いたそうです。

その後次第にクリスマスは廃れていき、私が18年前にインドに来た頃は、クリスマスは普段の平日と同じ日でした。(キリスト教の人は別です)

5年くらい前からでしょうか、街に「Merry Christmas」の看板がちらほら現れ、次第に街がイルミネーションで飾られるようになりました。

感じるのは、この広がり方は日本と同じで、宗教的に楽しむのではなく、ひとつのイベントとして楽しんでいること。パーティー好きの彼らにとって、最高の「パーティーをする理由」になります。ですので、その日は家族で厳かに過ごすのではなく、カップルや友達と一緒にパーティー、パーティーなのです。


***   ***   ***   ***   ***

クリスマスの日から、デリーは急に寒くなりました。
最高気温が15度。通常ならば23度ほどなのに、太陽が出なくて寒い!
でも、日本はもっと寒いのでしょうね。

さて、年末。
私はこれから会計士さんのところへ打ち合わせに行ってきます。

まったく、平日と同じ、ワーキングデイなのであります。


web: マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

Diwali! インドの新年

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

今日、11月5日は光と音のお祭り「Diwali・ディワリ」でした!

10110501

ダシェラでラーマ王子の勝利を祝い、ディワリではスリランカからインドへ戻って来たラーマ王子の無事の帰還を祝います。ロウソクを灯し、ラーマ王子が帰路に迷わぬよう、道を示します。そして、その喜びを花火で祝うのです。街中、電飾やろうそくでライトアップされ、我が家も100個のろうそくを灯しました。また、灯りは神様を呼び寄せるそうで、大家さん宅と我が家はすべての部屋の電気をつけています。


10110502 

地面に花や色の着いた粉で描く絵・ランゴリ 。大家さんのお孫さん達が毎年描きます。


10110503


また、ディワリは幸運の神様・ラクシュミと金運、知恵、開運の神様・ガネーシャを祝うお祭りでもあります。我が家は1階に大家さん家族が住んでいるのですが、大家さん宅では義娘さんがお祈りを唱えられる人(階級)で、今回も彼女が中心になり、ディワリのプージャ(祈り)が行われました。


10110504


家族の一員として、私をプージャに呼んでくださいました。写真は、右端が大家さん、左端が義娘さん、そして3人のお孫さん。(義娘さんの隣に息子さんがいたのですが、写真には写っていません)
大家さん宅では、季節や宗教の行事を大切にし、子ども達にも必ず参加させています。長いながいお経(マントラ)も、子ども達はスラスラと暗唱していました。


10110505


プージャが終わると、お待ちかねの花火大会!何を隠そう、一番はしゃいでいたのは、大家さん。


10110506


お孫さんたちは、怖々遠くから見ています。
と、言うのも、以前、ネズミ花火をしたら、通行人のズボンの中に花火がシュルシュルッと入ってしまったとか。幸い火傷はなかったものの、新品のズボンが焦げてしまったそう。


10110507


うーん、確かに、花火と人や車の距離が近いような・・・。
我が家の目の前の道では、たくさんの人たちが思いおもいの花火で楽しんでいます。こんな狭い道なのに、日本の花火大会で使われるほどの大きな打ち上げ花火もあげるのです。


きっと、ディワリの日が、インド全体が最も騒がしくなる日だと思います。このブログを書いている今(夜11時半)でも、至る所から打ち上げ花火の音が聞こえます。その様子を動画でアップしようとしたのですが、器械が弱い私は断念。また今度アップします。


ディワリを境に、デリーは冬に入ります。そして、結婚式シーズンの到来。
人々の気持ちとしては、ディワリは新しい年の始まりです。家の壁を奇麗に塗装し、掃除し、そして新しい洋服を着て祝います。


2010年のデリーはいろいろなことがありました。暑い夏、長過ぎたモンスーン、そして初めてのコモンウェルス・オリンピック。どれも、起こっている最中は嵐の中に飲み込まれたような感覚でしたが、終わってみると、そんなに大変ではなかったのかな、大丈夫、うん、これからも頑張ろう、とインドマジックにかかります。


今年の4月から正式に駐在員として、365日をインドで過ごすことになった訳ですが、曲がりくねったでこぼこ道を、くねくね、ぴょんぴょん、道の姿通りに歩んでいくことを、少しずつ学び始めています。




きっと、大丈夫。





恐るべし、インドマジック。


Website: マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

Dussehra ダシェラ

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

日曜日(10月17日)、自宅の屋上で洗濯物を干していると、飛び込んで来た光景。


          ↓


1010181

うわ〜、シュール。


ついに、あの日がやってきたか。。。
それにしても今年は随分、ひっそりとやってきたな。
コモンウェルス・オリンピックで燃え尽きたのか?

で、何の日かと言いますと、インドのお祭り 「Dussehra (ダシェラ)」でした。

ダシェラを手短に説明しますと、ラーマーヤナという叙事詩の中で、ラーマ王が、さらわれた妻を救いに、現スリランカに遠征に行き、10日目に悪者を倒したことを祝うお祭りです。


ダシェラとは「勝利の10日」と言う意味で、前9日間はラーマヤナの劇が上演され、最終日のダシェラ(ヒンディー語で10はダス)に、大きなお祭りが行われます。


夜、我が家の前にあるコミュニティークラブに行ってきました。


1010183


人、ひと、ヒト・・・。


1010182
(朝に見えたのは、3人の悪者の張りぼて。実は3体もあるのです)


そして、屋台も。


1010184

1010185

1010186

1010187

1010188

そしてフィナーレは、


1010189

3体の悪者に火をつけて燃やします。
張りぼての中には、たくさんの花火と爆竹が詰め込まれています。
耳がつんざくような音。


大きな歓声と拍手の中、3体の悪者は消えていきました。


悪者を燃やすことは、「善が悪に打ち勝つ」ことを象徴している、と言われていますが、インドの人の話によれば、「悪者を燃やすことは、自分の中に存在する悪やエゴを燃やし去る」ことらしいです。そして悪やエゴを燃やし去ったこの日は、新しいことを始めるのに一番良い日なのだとか。


***・・・***・・・***・・・***


1010180

この日、たくさんの家族連れがダシェラのお祭りを楽しんでいました。
なんだか、小さかった頃、少ないお小遣いを握りしめて目を輝かせた、神社の夏祭りを思い出しました。


Website: マカイバリジャパン(マカイバリ茶園アジア・日本総代理店)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

Delhi Auto Expo. 2010その2

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


本日は前回のつづき。

大賑わいを見せたDelhi Auto Expo.2010で、インド人が最も興味を示したのは、日本でもメディアで取り上げられている 


こちら



1001201


TATA社が発売している 「nano」。

お値段はなんと 1Lahk(10万ルピー:日本円で約20万円)。
TATAのラタン社長が、雨の中をバイクに家族4人が乗っている姿を見て、低価格の車の開発に意欲を見せたのが始まりです。


nanoは既に発売されているのですが、生産量が追いつかず、殆どの人がメディアでしかお目に掛かったことがありません。実は私も、この1年でまだ1台だけ。


1001202


なので、みんな興味津々です。


1001203

車の中に入るのも順番待ち。


1001204

もちろん私も並んで運転席に座りました!

思っていたよりも中は広くて、内装も可愛く(オプション)、低価格車とは思えない造りです。座席は「プラスチックの板」と聞いていましたが、オプションで一般的なクッションにも変更することができ、わくわく感が漂う車内です。

ただ、実際にエンジンをかけて試乗していないので、安全面や乗り心地などは分かりません。


1001205

男性2人が座ると、きつそう。
家族向けの車、と言うよりも、女性用の街乗りに適しています。


正直な感想は、nanoは思ったよりも小さくなかった。
と、言うのも、インドの道路で見かける車の主流は800ccの軽自動車で、nanoサイズの車が殆どなのです。なので、大きさだけ見ると、小ささに対する新鮮みはありませんでした。
ただ、10万ルピーに価格を抑えた、と言う点では驚きですが、
今回展示されている車はフルオプション装備だったので、結果的に価格は10万ルピー以上となります。


1001206


nanoを発表した当初は、日本でも大きく取り上げられ、私もデリーの街にnanoが溢れて大渋滞になるのでは、と思っていましたが、実際には前評判だけでnanoは全く見当たらず。

それでなくても、メトロの建設や、10月に開催されるコモンウェルス・オリンピックの工事で大渋滞のデリーですので、今しばらくはnanoには静かにしていてもらいたいのが本音です。


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

Delhi Auto Expo. 2010

インド・ニューデリーからお届けしている、マカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

すっかり更新が滞ってしまい申し訳ございません。
2010年を迎えてから、すでに2週間が過ぎてしまいました。

本年も、インド・ニューデリーからインドの最新情報をお届けして参りますので、今後とも本ブログにお立ちより頂けましたら幸いです。


          ***   ***   ***

さて、こちらニューデリーは、2010年を迎えた直後から寒波に見舞われ、最低気温が10度を下回る日々を送っています。8年ぶりの大寒波だとかで、太陽もちょこっとしか顔を出さず、石造りのインド家屋はまるで冷蔵庫の中のようです。


そんな寒いニューデリーから、本日はホットな話題を写真中心でお届け致します。

1001131
Delhi Auto Expo. 2010
世界中から自動車会社が車を出展し、大変な賑わいを見せました。


1001132
インドに最初に参入した日本の自動車はスズキ。
1980年代、インド企業と合弁で「マルチ・スズキ」を立ち上げ、以来、800ccの軽自動車は、インドの山奥に行っても見ることができます。


1001133
トヨタのブースでは新車のお披露目。
今まではセダンや大型車が中心でしたが、コンパクト車も近日中に登場です。


1001134
トヨタプリティー(と呼ぶそうですよ!)と一緒に。
後ろの車は「水素カー」。まだ試作段階ですが、究極のエコカーの象徴として、日本から運んで来たそうです。


1001135
エコカーと言えば「プリウス」。
いよいよインド上陸です。インドの人たちは興味津々。


1001136
私が訪れた日はショーの初日で、メディア向けのお披露目の日でした。
至る所で撮影が行われていて、上の写真はBMWの乗り心地をレポート中。
この方、テレビで何度か拝見したことがあります。


1001137
Audiからは、こんな素敵な車が。

1001138
Jaguar。今はインド車。


賑わいを見せたAuto Expo.ですが、今回のショーで最も多くのインドの人たちが興味を示した車、何だかお分かりになりますか?日本でもすでに報道されている アレ です。

ヒントはこちら↓

1001139

1 Lahk car (10万ルピーで買える車) *1ルピーは約2円


そのレポートは次回に!


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

2009 Happy Holi! ホーリー祭

インド・ニューデリーからお届けしているマカイバリジャパンのインド駐在ブログ。

Happy Holi Hai!
0903144


3月11日は、ヒンズー教のお祭り「ホーリー」でした。
ホーリーは、インド一帯で行われるお祭りで、色のついた粉や水をかけあって、春の訪れを喜び合います。

0903141


この一年も水に恵まれ、豊作でありますように。
寒い冬が終わり、収穫期の春の訪れを色で表現し、お互いに色を付け合うで、幸福が訪れますように。
ホーリーはまさに、インドの人たちの”喜び”が表現されています。


0903142


ホーリーの日は無礼講。
子どもから大人まで、知っている人も、知らない人も、
みんなが友達、みんながターゲット(標的!)。


0903143

我が家の大家さんも、みんなからの祝福攻めの結果、カラフルに。


0903145

街では、パーティーが開かれ、そこでは誰もが招待客。
無料で最高級のカクテルが配られ、無料でとびきりのご馳走がふるまわれます。


0903146

Happy Holi Hai!
(It's Holi! ホーリーだもの。何でもありさ!)

たくさんの民族、文化、宗教が入り交じりながら、一つの国として存在するインド。
インドには数多くのお祭りがありますが、そのほとんどが「参加型」。
みんなが手を取り合い、一緒に歌い、踊り、そして食事をする。
そうすることで、民族を超え、宗教を超えて、インドが一つとなる。
そのようにインドの人たちは考えています。


インド全体が一つとなり、活気に満ちあふれる日。
それがホーリー。

Happy Holi!


マカイバリ茶園アジア・日本総代理店マカイバリジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

色と水のお祭り ホーリー前日

インド・ニューデリーからお届けしている、マカイバリジャパンのインド駐在ブログ。


太陰暦でお祭りを決めるインドでは、2009年のホーリー祭りは3月11日。
ヒンズー教徒にとって11月に行われるディワリが日本のお正月だとすれば、
ホーリーはそれに次ぐ大切なお祭りです。
ディワリが「光と音」のお祭りなのに対し、
ホーリーは「水と色」のお祭り。

ホーリー前日、お祭りの買い出しでにぎわうオールドデリーへ行ってきました。
オールドデリーは、ニューデリーの我が家から車→メトロ→サイクルリキシャを乗り継いで、30分ほどの距離。

0903101

人、ひと、ヒト・・・。


0903102_2

ホーリー前日なのに、すでに顔がカラフルに。


0903103

道の両側は、ホーリーの粉を売る露店でひしめき合っています。
ニューデリーではきれいにパックされた粉が小分け売りされていますが、
こちらオールドデリーでは量り売り。
私の横で3キロ買っていくおじさんもいました!


で、あちらこちらうろちょろしていると、洗礼も受けるもので・・・


0903104

何度も石けんで洗ったあとの手です。
落ちません。ぜんぜん落ちません!
粉は払い落とせば比較的落ちるのですが、色水は全くダメ!!!
ちょっと手がかゆい。


ホーリーは春の訪れを祝うのですが、デリーではホーリーを境に、
毎日気温が一度ずつ上昇すると言われています。
こちらデリーの気温はすでに30度。


0903105


道ばたの水スタンドで、のどを潤す家族。
子どもの手には、しっかりホーリー用の水鉄砲が。


今日3月10日は、イスラム教のお祭りで、インド全体が祝日です。
そして11日はホーリーでまた祝日。
おもしろいことに、8日が日曜日、一日とんで10、11日が祝日だと、
間に挟まれた9日もお休みになるようです。
大型(?)4連休。


さてさて、明日のホーリーはどのように過ごそうか、と今から考え中。
毎年、大家さんの孫たちのゆるやかなホーリーをブログでお届けしていましたが、今年はちょっと冒険しようか、いや止めようか。
目下、悩み中であります。


マカイバリ茶園総代理店マカイバリジャパンホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧