カテゴリー「東京オフィス」の91件の記事

2017年8月 7日 (月)

朝日カルチャーセンター講座「自然派インド紅茶教室 2017年夏摘みダージリン」終了しました!

8月6日は、恒例の朝日カルチャーセンター講座「自然派インド紅茶教室 2017年夏摘みダージリン」でした。
今回も自然派紅茶研究家の山本洋子さんとのコラボレーションです。マカイバリ紅茶の愛飲家でもあり、
世界文化社「厳選紅茶手帖「紅茶を識る」も出版されて、自然派紅茶を深く研究されています。

Img_3291

今回も多くの方にご参加いただきましてありがとうございました。遠方からもご参加くださる方もいらして、重ねて御礼申し上げます。

Img_3293

今回はダージリン情勢の影響で、2017年夏摘みセカンドフラッシュがシルバーティップスしか入荷しなかったために、一部内容を変更させていただきました。

Img_3294

夏摘みシルバーティップスをメインに、2016年のマスカテル、クラシックとグレード違いをテイスティングし、その他に春摘みと秋摘みと季節の違いもテイスティングさせていただきました。

届いたばかりの夏摘みシルバーティップスを水出し、そしてホットでテイスティングしていただきました。
雑味のないクリアな味と、華やかな香りのシルバーティップスは水だしでもホットでも格別です。

Img_3290

ホットで飲むマスカテルと一緒に、マスカテル茶葉で作った手づくり紅茶ゼリーも召し上がっていただきました。

Img_3292

その他、マカイバリジャパンのお客様でもあるFar East様のオーガニック・ドライフルーツも紅茶と良くマッチングしていました。
ウガンダ、トルコ、スペインから、最高のフルーツをフェアトレードの理念でドライフルーツとして日本に輸入しています。生産者の顔やストーリーが見えるドライフルーツです。

Img_3289

ダージリンのストライキは複雑な民族問題が根底にあります。日本にはなかなか伝わってこないニュースですが、茶園は茶摘みや製造をしないためにジャングル状態となり、たとえストライキが解除されても復活までに時間がかかると言われています。対立の中からは決して平和は生まれません。

2017年はマカイバリ茶園にとって、雹(ひょう)被害、ラジャ・バナジー氏自宅全焼、そして今回の大規模なストライキと災難続きです。

しかし、そのような中にあっても茶園主ラジャ・バナジー氏は常に前向きに挑戦し続けます。
ストライキの最中はマカイバリ茶園に入ることはできませんが、ダージリン以外のお茶園や他の生産者たちへの
オーガニック指導を懸命に続けています。茶園主ラジャ・バナジー氏の指導のもと、多くのお茶園が
オーガニック農法に切り替わりました。

Dsc_1151

今後はダージリンが政情不安になったときにでもその他のお茶園からもマカイバリジャパンに紅茶が
届くようになります。一日も早くにダージリンに平和が訪れることを願うばかりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

ダージリン情勢 その後

政治的な混乱が続いているダージリン地方。

前回のメールでもお知らせいたしましたが、夏摘みセカンドフラッシュはダージリン全域でストライキが実施されているためにすべてのお茶園からの出荷停止となっています。交通機関、お店やホテルなどもすべて閉鎖状態です。

Dsc_1274

マカイバリ茶園からの情報では、茶畑も茶摘みがされていないのでジャングルのようになっているとのこと。とても悲しいニュースです。

先日、西ベンガル州政府と西ベンガル州からの独立を求めているゴルカ人民解放戦線(GJM)の間で話し合いがもたれましたが、決裂に終わりました。
今度は8月1日を予定しており、それまでは今の状況が続くそうです。

Dsc_1198

6月13日に発生したデモからもう5週間以上も過ぎていますが、全く解決の糸口が見えていません。過去最悪の状況です。

ラジャ・バナジー氏は3月に自宅が全焼してしまい、車で1時間ほど山をおりたシリグリという街でアパートを借りて生活をしています。ラジャ・バナジー氏も今回のストライキで、マカイバリ茶園に行くことができません。

Dsc_1151


幸いなことに、6月13日前に茶摘みされて出荷されたシルバーティップスのみが日本に間もなく入荷する予定です。マスカテル、クラシックは製造はされましたが、マカイバリ茶園から出荷できない状況です。

今回のストライキは長引くということが一般的な見方です。

一日も早くに平和がダージリンに訪れることを願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

マンゴー(チョウサ種)が届きます!

大好評のインド・マンゴー。先月はケサール種マンゴーが届きました。今回はマンゴーの王様「チョウサ種マンゴー」が間もなく入荷します!

南インドでは「アルフォンソ種マンゴー」が有名ですが、北インドでは「チョウサ種マンゴー」がマンゴーの王様と呼ばれています。そのチョウサ種マンゴーが間もなく日本に到着します!

甘くて芳醇な香りはマンゴーの王様にふさわしいです。

Mango2017_002

インドから日本へマンゴーを輸出するときは、マンゴーにつくミバエなどの害虫の幼虫や卵を殺滅処理することが義務づけられています。出荷前にマンゴーをVHTの機械の中に入れ、果実が高温障害にならない範囲内で、内部温度を上昇させて害虫を殺滅させます。
日本からは検疫官が立ち会って、最終チェックを行います。厳しい検疫チェックで合格したマンゴーだけが日本に届きます。

こちらがVHTの機械です。日本の機械が使われています。
Img_3143

近代的な工場の中では、多くの人たちが働いています。
Img_3140

マンゴーの畑では、日本から持ち込んだ袋が大活躍です。マンゴーの表面を守り、傷が少ないマンゴーができます。
Img_3142

以前は木に登って収穫していたマンゴーですが、日本の機械で高いところまで楽に届いて収穫できます。
Img_3144

当初スタートしたときは試行錯誤でしたが、毎年改善されて品質が向上してきました。
インド・マンゴーの美味しさを一人でも多くの方に知っていただけましたら幸いです。

ただいま下記のページより予約を承り中です。

マンゴーご注文ページ
商品の特性上、下記のことをお願いしております。

*期日指定はできません。入荷次第順次発送させていただきます。
*お届け希望日は指定できません。
*お支払いはクレジットカードまたは代引きのみとなります

マンゴーは届き次第、発送させていただきます。ご都合の悪い日がありましたら教えてください。その日を避けて発送いたします。ご連絡がない場合には、すぐにお送り申し上げます。午後12時~14時以外のお時間のご指定はできます。

どうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

若い人たちへ

今年も母校である明治大学にて「青年社長育成講座」の授業を担当させていただきました。

13151691_1120983184620319_635267771
将来、起業家や事業後継者の学生さんが多く受講している講座です。

マカイバリジャパンが創立されてから今年で17年。マカイバリ茶園の日本総代理店として今日まで継続できたのは、やはりマカイバリ茶園の紅茶が美味しいこと。そしてラジャ・バナジー氏の理念や哲学、そして農法が日本市場で受け入れられたことだと思っています。

将来、経営者になる若い人たちへマカイバリ茶園やマカイバリジャパンの話をさせていただきました。
Img_1627

経営というとお金を稼ぎ、華やかなイメージがありますが、決してそのような世界ではありません。社会や人々に何ができるのか、という強い使命感を持って日々やっていかなくてはなりません。
小さな会社はすべて自分たちでやらなくてはならず、日々の積み重ねが経営でもあります。
だからこそぶれない経営理念を持たなくてはいけません。

Img_3101

また、これからは市場は日本だけでなく、世界へ進出していくべく広い世界観を持つことも重要です。
ダイナミックに変わりいく、今のインドの現状の話もさせていただきました。

これから無限の可能性をもつ若い人たちへ、マカイバリ茶園やマカイバリジャパンのメッセージが少しでも役にたちましたら幸いです。

今年から大学の授業が90分から100分になりました。アメリカの大学は200分のところもあるそうです。授業のあり方も私の学生時代から大きく変わった印象を受けた1日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

ダージリン情報

ダージリンからの情報です。

前回のブログでストライキのことをお伝えしましたが、状況はまだ改善されていません。
日本ではなかなか伝わってこないニュースですが、ストライキのときはダージリン地方では店やホテルも閉鎖され、交通機関もストップします。外出禁止令もだされています。

茶園からの紅茶の出荷もすべてストップです。
セカンドフラッシュの時期は繁忙期でもあり、茶葉の生育が早く、毎日の茶摘み、製造そして出荷は欠かせません。

ダージリン地方は西ベンガル州に属していますが、ダージリンの人々はネパール系の人が多く、ベンガル人とは文化や言葉も違います。彼らはゴルカランド(グルカの土地という意味)という独立した州を求めて頻繁にストライキを起こしてきました。

今回は西ベンガル政府が用語のネパール語の教育を廃止して、ベンガル語を強制しようとしたことに端を発しています。暴動まで起き、ストライキは長引きそうな様子です。

そんな中、現地のテレビ番組にラジャ・バナジー氏がコメンテーターとして登場しました。

Img_3095


Img_3094


Img_3093


茶園のオーナーとして、ベンガル人でもあるラジャ・バナジー氏は今回の騒動では標的になります。何度も危険な目にもあってきました。

しかし、彼は怯むことなく人々と対話を重ねてきました。民族的、政治的な問題は複雑です。
一日も早く平常な生活に戻れることを祈るばかりです。

日本向けの夏摘みセカンドフラッシュはすでに製造されましたが、茶園からの出荷がとまっているために、まだ日本には届きません。情勢が安定してからの出荷になります。

夏摘みの入荷を多くの方が待ってくださっているのですが、もうしばらくお待ちいただけましたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

インドよりマンゴー入荷!

今年もマンゴーの季節がやってきました。
マンゴーはインドが起源です。世界のマンゴーの半分以上がインドでつくられています。なんとインドには1000以上のマンゴーの種類があるのです。

2006年にインドマンゴーが日本への輸入を解禁されてから、今年で11年。
インドのマンゴーは検疫や農薬検査など様々な障害を乗り越えてなされます。輸入できなかった年もありましたが、ここ数年は安定してインドより届くようになりました。

大自然の中でつくられたマンゴーは甘さも抜群です。インドマンゴーのファンも増えました。

インドよりマンゴーが届いたということで、成田空港の近くにある倉庫に早速とりに行きました!
Img_3029

どこの国も飛行場は都心から近いのですが、日本は車を飛ばして約1時間半もかかります。インドでもマンゴーは農園から工場までトラックで運ばれ、そこから飛行場まで運ばれて・・と移動距離はかなり長いのです。

Img_3028


冷蔵倉庫から検疫を終えたばかりのマンゴーがでてきました!
Img_3021

車に積み込むと、車内はマンゴーの良い香りでいっぱいでした。
Img_3023

今回届いたマンゴーの種類は「ケサール種」です。小さいサイズですが、甘さがあって香りが良いのが特徴です。昨年も人気があったマンゴーです。あと2~3日すると食べごろになります。

Img_3032

生産地ではマンゴーに傷がつかないように袋を日本から輸入したり、今まで木をゆらして落としていたマンゴーを日本から輸入した機械で高いところも手でとるようにしたりと品質向上に向けて一所懸命取り組んでいます。
Img_2969


Img_2970


Img_2975

私たちも遠いところから届いた新鮮なマンゴーを一日も早く、お客様にお届けできるように迅速な作業を心がけています。

マンゴーはケサール種、チョウサ種、マリカ種と届く予定です。
ぜひインドから届いたマンゴーをお試しください!

ご注文はこちらからです。

マンゴーページ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

大引越し

マカイバリジャパンは2月17日~19日にかけて事務所の引越しを行いました。
10年間過ごした杉並区阿佐ヶ谷から中野区沼袋に事務所を移転しました。中野区はマカイバリジャパンが会社をスタートした地でもあります。

17日から21日まで発送業務をお休みさせていただき申し訳ございませんでした。
引越し期間中、電話やFAXも一時不通になるなど、ご迷惑をおかけしましたこと重ねてお詫び申し上げます。

無事に引越しを完了し、平常業務に戻りつつあります。

引越しは大作業です。10年前に中野から杉並に移ってきたときは、ほとんどの引越し作業を自分たちでやりましたが、今回は荷物の量が相当に増えたので引越し業者様にお願いしました。

前日は女性スタッフ5人が荷物をすべて段ボールに梱包してくれました。女性ならではの丁寧にスピーディーに作業をしてくれました。段ボールの数は200箱!

そして翌日、翌々日は大きなトラックで大移動です。若い男性スタッフが手際よく重たい荷物も軽々と運んでくれました。家が傷つかないようにしっかりと養生をしてくれます。
Img_2531

最終日は夜の10時までかかりましたが、男性スタッフは最後まで荷物を運びこんでくれました。
Img_2551

すべてが完了したとき、皆くたくたとなりました。
事務所の庭にも梅の花が咲いていました。

Img_2559

まだまだ落ち着いていませんが、日々の発送業務はできるようになりました。
家は前のオーナーでもある大工さんが、自分のためにこだわりぬいてつくった家です。茶室があったり、井戸水があったり、日本の文化を感じられる建物です。

Img_2558

会社誕生の地にて心機一転、多くの皆様と茶園で結ばれますよう精進してまいる所存ですので、今後とも一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

マカイバリの紅茶WEEK@シンチェリータ

阿佐ヶ谷でも有名なジェラート店「シンチェリータ」。
マカイバリの紅茶を使ったジェラートは大好評です。ジェラートマイスターの中井氏は旬の果物や様々な食材を使い、美味しいジェラートをつくります。

11204409_1032035296848442_284404657

シンチェリータで2月20日(月)からマカイバリの紅茶WEEKが開催されます!
紅茶ジェラートを5種類作って、紅茶の販売、試飲もする予定です。

ラインナップは下記です。

◆アッサム
東インド、アッサム地方のハティクリ茶園のオーガニックアッサム。ミルクに負けないしっかりした紅茶。
◆ニルギリ
南インド、ニルギリ地方のコーラクンダ茶園のオーガニックニルギリ。優しい味わいが特徴のサッパリした紅茶。
◆ダージリン
北インド、ダージリン地方のマカイバリ茶園のオーガニックダージリン。ヴィンテージマスカテル使用。マスカットのようなフルーティーな香りの紅茶。プレミアムフレーバー。
◆レモンティー
2016年秋摘み、マカイバリ茶園のダージリン×長盛園の無農薬レモン。レモンの香りと酸味が爽やか。ミルク不使用。
◆キシュミシュ
アッサム茶葉を使ったミルクティー×セミドライレーズン×ピーカンナッツ。ほんのりとシナモンを効かせて。

ジェラートに使っている紅茶は全部、販売する予定で、その他にもダージリン烏龍茶やプレミアムな冬摘みのクリスタルフラッシュも販売予定です。

Summergift2016_4_04s

ジェラートでこんなに紅茶の種類を多く試食できるのも、滅多にありません。
是非、紅茶WEEKにいらしてください!

マカイバリのお客様がキューピットになり、シンチェリータ様をご紹介くださったのがご縁です。同じ阿佐ヶ谷でした。残念ながらマカイバリジャパンは事務所を阿佐ヶ谷から中野区沼袋に移転します。(今、引越し中です。)

でも今後も隣の区ですので、色々なコラボレーションをしていきたいです。

シンチェリータ様のブログでの案内はこちら

12341385_1032035313515107_212669699


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

マカイバリジャパン新事務所清祓い

ホームページやメールマガジンでご案内していますが、マカイバリジャパンは2月20日より事務所を中野区沼袋に移転します!

今日2月13日は大安吉日でした。沼袋の新事務所に神主様に来ていただき、清祓い式をしていただきました。
事務所の土地をお清めして、お守り頂いている神様へ御挨拶をし、今後のご加護、社業繁栄、商売繁盛をお祈りしました。

こちらが神主様。氷川神社より来て下さいました。
Img_2491

神様にお供えするものは、お酒や海産物、野菜、果物、お米、塩、そしてマカイバリ紅茶です!
Img_2509

Img_2505

自然の恵みでいただいたものを神様にお供えします。野菜はオーガニック野菜です。神主様はすぐに気づかれて香りが良いですね、とおっしゃっていました。神主様もオーガニック野菜を普段召し上がっているそうです。
Img_2508

Img_2507

果物はお客様からいただいた自然農法でつくられたりんごとご近所様からいただいた夏みかんです。庭でとれた自然の夏みかんです。
Img_2504

真ん中にはマカイバリ紅茶。自然との調和でつくられた紅茶は神様へのお供えとしてふさわしいです。
Img_2506

神主様の読み上げ。マカイバリジャパンがこの地で発展することを神様にお願いしました。
Photo

スタッフ一人一人もお祓いをしていただき、玉串を神前に捧げました。
Photo_2

その後、すべての部屋、トイレ、風呂場、入り口や庭などにお祓いをして清めていただきました。気持ちが清らかになり、気を引き締めて頑張ろう!という新たなエネルギーが体の中から沸いてきました。

神主様と紅茶を飲みながらお話をしました。この世の中は目にみえないところの力が働いています。毎日努力を怠らずに頑張っていると、見えないところで神様が助けてくれます。この地に導かれたのも、何かのご縁があったのでしょう、と。
ご縁があって、素敵な家にめぐり合えることができました。
大工さんが精魂こめてつくられた建物。素敵な茶室があり、井戸水も出ます。お茶の縁が導いてくださったのかもしれません。多くの方に来ていただき、人と茶園をつなげられるようにしたいと思います。初心に戻り精進いたしますので今後ともどうぞよろしくご支援お願い申し上げます。

神主さんが最後に「私の名前は石井です。驚くことに母の名前は石井洋子なのです。」とおっしゃいました。これも何かのご縁なのだと強く感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

オーガニックスパイス入荷!

寒い日が続いています。寒い日にはあたたかなチャイがおすすめです。
インドで広く飲まれているのが「マサラチャイ」。茶葉をミルクと砂糖と一緒に煮込み、好みのスパイスを加えます。
Img_95181_2

マカイバリジャパンではスリランカのバイオフーズ社よりオーガニックスパイスを取り寄せています。
バイオダイナミック農法で栽培された5種類のオーガニックスパイスをブレンドして粗挽きにしています。 本場のマサラチャイを簡単にお楽しみいただけます。

2017年1月6日に製造されたばかりのスパイスが届きました!
スパイスは有機シナモン、有機カルダモン、有機しょうが、有機黒胡椒、有機クローブです。
スパイスがブレンドされて「マサラ」とよばれます。各家庭によって「マサラ」の味が異なり、スパイスの配合割合は
美味しいチャイをつくる上で重要です。

バイオフーズ社のオーガニックスパイスも日本人向けにスパイスを選んで配合してくれました。配合割合は企業秘密です。

Img_2418_2

Spices03

バイオフーズ社は、永続的に小さなファーマーたちの農業技術・品質向上・生活レベル向上を図るために、SOFA(Small Organic Farmers' Association)という共同組合の組織化を支援してきました。

Kotakithula20group20photo

マカイバリ茶園と同じバイオダイナミック農法により、地域の土壌の健全化を図り、環境への弊害を与えない農作物つくりは、地球環境(特に地球温暖化)の維持にも大いに貢献しています。

Mopa1

マカイバリ茶園主ラジャ氏もバイオフーズ社の農業指導をしていました。

スパイスがきいたチャイをお試しください!
4月3日には朝日カルチャーセンター講座「自然派インド紅茶教室」では”チャイのレシピ10選”を予定しています。

Milk_tea

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧