カテゴリー「東京オフィス」の101件の記事

2018年6月26日 (火)

和紅茶、ダージリン、アッサム飲み比べ!朝日カルチャーセンター「自然派インド紅茶教室」

6月24日は毎回好例の朝日カルチャーセンター「自然派インド紅茶教室」でした。
今回のテーマは「日本紅茶誕生100年 インドのアッサム、ダージリンと飲み比べ」です。
ご参加くださった方々に改めて御礼申し上げます。

Img_6653

今回も自然派紅茶研究家の山本洋子さんが司会進行をしてくださいました。

Img_6628

初めてのテーマである和紅茶。事前に山本洋子さんと様々な生産者さんの紅茶を取り寄せて、「紅ほまれ」「紅ひかり」「紅ふうき」の代表的な品種から美味しい紅茶を厳選しました。

最近、ブームになっている和紅茶。日本の紅茶の歴史は約100年前に始まりました。明治初期、殖産興業を目指して生糸と並ぶ商品として日本の緑茶を、世界市場で人気がある紅茶へシフトしようと徳川の幕臣であった多田元吉が明治政府より命を受けてインドの山を周ります。

多田元吉は日本人として最初にダージリンを訪問しました。飛行機がなかった時代に2か月かけて船でインドまで到着し、牛車や馬車、そして馬でダージリンのお茶園までたどり着きます。インドに着いたのが猛暑の時期でもあり、熱病や赤痢にかかっても命がけで茶の技術を学んだ多田元吉。何とマカイバリ茶園の4代目オーナーラジャ・バナジー氏の従妹が経営しているハッピーバレーにも来たそうです。

その元吉がインドから持ち帰った種子の中で、寒さに耐えた多田系印度雑種の子孫から「紅ほまれ」が生まれ、その後、中国系とアッサム種の交配で「紅ひかり」や「紅ふうき」などの様々な日本の紅茶品種が登場していきます。

Img_6640

今回の講座で日本紅茶の歴史を調べるうちに、改めて多田元吉の多大なる功績に驚きます。

Photo
【多田元吉氏】

飲み比べた紅茶は
ダージリン:マカイバリ茶園夏摘みシルバーティップス
アッサム:ハティクリ茶園オーソドックス
紅ほまれ:月ヶ瀬健康茶園(奈良県)
紅ひかり:丸子茶園(静岡県)
       月ヶ瀬健康茶園(奈良県)
       ハサマ共同製茶組合(三重県)
       阿南康児さん(大分県臼杵市)
紅ふうき:月ヶ瀬健康茶園(奈良県)
      丸子茶園(静岡県)

そして最後にまたマカイバリ茶園初摘みDJ-1


全部で10種類もの紅茶の飲み比べでした。ご参加された方々のご感想は、同じ品種でも生産者によって全く味と香りが違うということでした。

日本の紅茶は個性がそれぞれあり、将来が楽しみです。

Img_6652


ちなみにマカイバリ茶園で2004年からスタートした玉露プロジェクトは、ラジャ・バナジー氏が多田元吉がインド・ダージリンを訪問して紅茶を学んだことに感銘を受け始まったプロジェクトです。今度はインドが日本の代表的なお茶である玉露を学び、インドと日本の架け橋になるようなお茶を作りたいという願いが込められています。

玉露プロジェクトについてはこちら

また、産経新聞の論説委員であった千野境子さんは「日本人の足跡:産経新聞社」の著書の中で多田元吉について書かれています。取材でマカイバリ茶園にも訪問されています。

Img_6655

その時に千野境子さんが大変に興味を持たれたのが、マカイバリ茶園バナジー家にある100年前に日本人から贈られた竹細工の額縁です。これが多田元吉が持ってきたものではないか、ということでした。中を開ければわかることなのですが、開けてしまうと壊れてしまうので調べることはできませんでした。でも、バナジー家に残る大切な家宝です。

Eb9e01920d45415f961654af201c90e5

千野境子様にご紹介いただいた本がこちら。多田元吉の曾孫に嫁いだ多田節子様が、多田元吉が大量に残した記録を本に残したいという思いで完成した本です。「茶業開花:川口国昭著」 多田元吉の足跡がよく分かります。

Img_6654

今回の講座では、先月訪問したばかりのマカイバリ茶園、そしてハティクリ茶園の話もさせていただきました。マカイバリ茶園で摘まれたばかりの夏摘みセカンドフラッシュ・シルバーティップスも大変に好評でした。

Img_6661

今後も山本洋子先生と様々なテーマでやっていきたいと思います。次回は11月を予定しています。
ぜひ多くの方にご参加いただけましたら幸いです。

Img_6641

山本洋子先生とスタッフの方々。事前の準備から始まり、10種類の紅茶をタイムリーに淹れてくださり、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

ナチュラル&ヴィーガンカフェ「和かふぇ つゆくさ」

中野区鷺ノ宮にある「和かふぇ つゆくさ」さんに行ってきました!

西武新宿線「鷺ノ宮駅」から歩いて2分ほどの住宅街の中にあるお洒落なお店です。

Img_5894_2

Img_5895

オーナーの柴田真美さんが一人で料理づくりからすべてを切り盛りされています。

Img_5891

実は5月20日(日)にアロマ&午後のお茶会のイベントが開催されます。
天然のアロマUV美容オイルをつくりながら、マカイバリ茶園春摘みファーストフラッシュとヴィーガンの手づくりお菓子を楽しんでいただくイベントです。マカイバリ茶園春摘みヴィンテージ紅茶の販売も行います。

Img_5878

添加物の入った調味料や白砂糖を使用せずに、季節の野菜を使った「つゆくさごはん」をいただきました!

Img_5880

Img_5882

料理は動物性のものを使用しないヴィーガン料理です。新たまねぎや新じゃがいものなど、旬の野菜を美味しくいただきました!

ジャリンガ茶園のアッサムCTCを使用したティーウィズミルクティーは、豆乳でつくられていて、相性が抜群でした。ホットもアイスも美味しいです。

Img_5879

Img_5883

Img_5887
マフィンも卵・乳製品・白砂糖を使用せずにつくられたものです。

柴田真美さんはマカイバリジャパンの事務所にもお越しくださいました。お店を始められて7年が経過されたそうです。環境問題や健康問題に対してのしっかりとした理念をもたれて素晴らしいと思います。本当に心と体が喜ぶ料理を提供されていて、地元の方々にも愛されているお店です。

欧米ではヴィーガンやオーガニックは認知度が高まってきましたが、日本でももっと広まって欲しいと思います。

マカイバリの紅茶も販売されています!是非、お近くにいらしたときにはお立ち寄りください。

和かふぇ つゆくささんのブログです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

朝日カルチャーセンター・講座「自然派インド紅茶教室」終了しました!

4月15日は朝日カルチャーセンター・講座「自然派インド紅茶教室」でした。
今回のテーマは「チャイのレシピ:煮出すおいしさのアレンジ!」です。

20名以上の方がご参加くださった大盛況の講座でした。改めてご参加くださった方に御礼申し上げます。

当日は昨夜から続く嵐と雨でどうなるかと思いましたが、講座が始まる頃には天気は良くなりました。
場所は新宿住友ビルです。

Img_5864

Img_5855

酒食ジャーナリストでもあり、自然派紅茶研究家である山本洋子さんが司会進行をしてくださいました。紅茶本も出版されており、今回のレシピも本にでています。

Img_5851

Book_150724_01

厳選紅茶手帖  (知ればもっとおいしい!食通の常識) :世界文化社

まず最初は3月14日に摘みたてのマカイバリ茶園から届いた初摘みファーストフラッシュDJ-1を飲んでいただきました。紅茶の香りは摘みたてが素晴らしいです。2018年のマカイバリ茶園は雨に恵まれて、最高の気候条件が整いました。味・香りともに上質の春摘みファーストフラッシュです。

次にアッサム紅茶をリーフタイプ、そしてCTC(Crush Tear Curl)タイプをそれぞれストレートで飲んでいただきました。アッサムにはマカイバリジャパンの姉妹店Happy Hunterの石井博子が以前に訪問しているので、その時の写真と共にアッサムの歴史や地域の特性などもお話させていただきました。

Img_5863

ストレートで飲んだ後は、ミルク、豆乳、ライスミルク、そしてスパイスをきかせたマサラチャイの飲み比べ。
Img_5856

Img_5862


Img_5861

チャイは様々なバリエーションが楽しめます。ライスミルクをつかったチャイが人気が高かったです。

Img_5860

インド人のチャイ事情やスイーツ事情なども紹介させていただきました。チャイと一緒にだしたものはインドのスナックとスイーツです。スイーツはかなり甘いものです。スナックは辛いものもありました。これらがチャイと一緒にだされるものです。

Img_5859


Img_5858

盛りだくさんの内容でしたが、アッサム紅茶そしてチャイの魅力を知っていただけましたら幸いです。

次回は6/24(日)「日本紅茶誕生100年」です。

ぜひご参加いただけましたら幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

朝日カルチャーセンター講座「インド3大紅茶とスリランカのウバを味わう」

毎回好評な朝日カルチャーセンター新宿教室の講座案内です!

Topic_17asahiculture5

今回はインド三大銘茶(ダージリン、アッサム、ニルギリ)にウバ紅茶を加えた4種類の紅茶が登場します。
ダージリンは、もちろんマカイバリ茶園、アッサムはジャリンガ茶園、ニルギリはコーラクンダ茶園、ウバはバイオフーズ茶園からです。全て有機JASのついたオーガニック紅茶です。
特別に今回届いたばかりのマカイバリ茶園秋摘みオータムナルも試飲できます。
産地によって違う味と香りをお楽しみいただきながら、
紅茶の知識や淹れ方、茶園の話などをさせていただきます。
ダージリン地方は長くストライキが続いていました。ストライキが解除されて、すべてのお茶園が開園しました!現地の情報もお伝えします。是非ご参加ください!

Img_3714
(3ヶ月間茶畑は手つかずの状態でした)

Img_3643
(背丈以上に伸びきった茶木)

Img_3709
(女性たちがまず茶木に絡みついた草木を取り除く作業にとりかかりました)


●日時 :11月19日 (日)
●時間  : 10:30-12:30
●受講料(税込み):会員 3,348円 一般 3,996円
●教材費 : 1,188円
お申し込みはこちらから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

ダージリンストライキが終結!!

インドから朗報が入りました。100日以上続いたダージリンのストライキが終結しました。

6月中旬から続いていたストライキ。商店や交通機関、政府機関、そして茶園までがストップしていました。
発端は西ベンガル州政府が学校での必修科目にベンガル語をいれたこと。

大部分をネパール系の人々がしめるダージリン地方では、ネパール語や英語が学校で教えられてきました。ネパール系の人々は1980年代より、西ベンガル州より独立して、「ゴルカランド」という自治州をつくる運動を繰り返し、その度にストライキを起こしてきました。今回の西ベンガル州政府の方針は彼らの独立運動を煽る結果を生みました。

夏摘みセカンドフラッシュの時期に重なり、茶園では茶摘みがされないために茶畑は荒れ放題。昨年比90%も生産量が減り、損失額は25億ルピー(約43億円)を超えると言われています。

そんな中、ラジャ・バナジー氏より連絡が入りました。
「マカイバリ茶園に来ないか?」と。 「もちろん!!」と即答しました。

Dsc_7642

来週10月6日よりマカイバリ茶園に行ってきます。茶畑は荒れ放題といってましたが、これから雑草の刈り取りや剪定、土作り、新しい苗木の植え替えなど、来年の春に向けての準備が始まります。

Img_1940

来週は最新の情報をマカイバリ茶園より発信します!

Classic2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

富山からのお客様

昨日は富山県からお客様がマカイバリジャパンオフィスにいらっしゃいました!

Casa de Coco のオーナーの笹川秀子様です。 Casa de Cocoは今年の4月28日に富山県富山市下大久保にオープンしたCafe&サロンで、マカイバリの紅茶を扱っていただいております。

Img_3477_2
(オーナーの笹川秀子様)

18447380_126332991265062_4383956792
(Casa de Cocoの外観。東京では考えられないくらいの広い土地に建っています。)

21617634_176293399602354_2919514286
(ショップカードです)

カフェオープンの夢実現のために、永年準備をされていて、今年4月28日オープンされました。紅茶、珈琲にこだわり、東京までいらしてご購入されています。またお料理やスイーツもすべて手づくりでだされるそうです。写真をいただきました。

Img_3482
(マカイバリの紅茶と和風抹茶ケーキ)

Img_3487
(呉羽梨 スフレチーズケーキ。富山県の梨農園とのコラボレーション)

Img_3486
(ハロウィンにふさわしいカボチャプリン)

Img_3484
(サロン利用のお客様は、豪華な料理も楽しめます。メインはパエリア。すべて手づくりです。)

富山県で唯一マカイバリの紅茶が飲めるCafeです。笹川様は最初コーヒーだけを考えてらっしゃったそうですが、朝日カルチャーセンターの講座に偶然にも受講されてマカイバリの紅茶を決定されたそうです。ご縁だと思います。

日本国内でマカイバリの紅茶を扱っていただけるお店が増えることは嬉しいことです。マカイバリがつなげてくれた素敵なご縁に感謝です。

笹川様は夜の新幹線で富山に戻られました。北陸新幹線のお陰で、北陸地方は簡単にいけます。富山に行くときはぜひ訪れたいと思います。

Img_3481

笹川様ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

夏摘みセカンドフラッシュ到着!

台風が近づいているために3連休は天気が荒れる模様です。

マカイバリ茶園より夏摘みセカンドフラッシュの「ヴィンテージ・マスカテル」および「クラシック」が到着しました!
2017natsu_vintage01

2017natsu_classic01

ストライキがまだ続いているダージリン地方。下記の写真はラジャ・バナジー氏がヨーロッパに行く前にマカイバリ茶園の茶畑の様子を撮影したものです。

Img_3463

茶木以上に雑草の背丈が高く、茶畑だとは分かりません。人間が手を加えないと、無秩序に伸び放題になってしまいます。他のお茶園もそうですが、過去にないことです。

今回届いた2017年夏摘みセカンドフラッシュはストライキ前に茶摘みされてコルカタに出荷されたものを、世界の総代理店で分けることになりました。貴重なセカンドフラッシュです。

Dsc_1273

茶道の世界には「和敬静寂」という言葉があるそうです。人と和し、互いに敬い、清い心と何事にも動じない不動の心を持つ意味だそうです。
お茶の産地であるダージリン地方で、民族間の争いが長く続くことは非常に残念なことです。

一杯のお茶を飲むこよによって、心を落ち着かせ、平和の心をもつことの大切さを痛感します。

今回マカイバリ茶園より届いたセカンドフラッシュにはそのような願いが強く込められています。
香り高くエネルギッシュさを感じるマカイバリらしいセカンドフラッシュです。ぜひお試しください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

日本経済新聞とダージリン情勢、そしてラジャ・バナジー氏。

9月2日付けの『日本経済新聞 夕刊』にダージリン情勢の記事が掲載されました。
その記事の中にはマカイバリジャパンのインタビューもありました。

漸く日本の新聞にも記事になったのは、ストライキが長引くにつれて、日本の紅茶産業も影響を受けているからです。しかし、一番の影響を受けているのはダージリン生産地、そして茶園オーナー、ダージリンの人々の生活です。

Photo

ダージリン情勢は話し合いが継続してもたれるというニュースが流れ、状況が好転すると期待していたのですが、インドからの今日(9月4日)の情報によると、更に悪化したそうです。

ダージリン地方は中国やブータン、ネパールに近く、地政学的にも複雑な問題を抱えている地域です。民族問題だけでなく、裏で国と国との政治的問題が絡む問題にもなっています。
国と国の争いは、現地の人々の生活とは全くお構いなしになされるのです。憤りを感じます。

そんな中でラジャ・バナジー氏が昨夜、ヨーロッパに行くためにデリーに数時間よりました。
Happy Hunterの石井博子が会って、色々と話をしました。いつものラジャ・バナジー氏です。

Img_3389

ダージリンのすべての茶園オーナーにとって、今回の長いストライキは大きな打撃です。政府にも補助金をだしてもらうようにお願いしているそうですが、難しいそうです。

ラジャ・バナジー氏はヨーロッパで講演をするそうです。ストライキの間は、マカイバリ茶園には入れず、ダージリン以外の様々な生産者にオーガニック指導を行っています。逆境にもめげずに、自分の信念をもって行動している姿にいつも心打たれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

嬉しいニュース!

ダージリン情勢は依然としてストライキは継続され、膠着状態が続いています。
西ベンガル州政府とストライキをおこしている人々との間で、継続した対話がなされることになりましたが、まだ時間がかかるというのが大方の見方です。

Dsc_1193

そのような中で嬉しいニュースがマカイバリジャパンに届きました。
ストライキ前に茶摘みをし、コルカタに出荷されていたマカイバリ茶園紅茶を世界総代理店で分けることになり、マカイバリジャパンにもマスカテルそしてクラシックが入荷することになりました!

Dsc_1273

すでに夏摘みシルバーティップスが入荷しており、今年はシルバーティップスだけかもしれないと諦めていたときでした。

入荷は9月初旬を予定しています。量は少ないので、早めにご注文をいただけますと幸いです。
Dsc_1192

写真は今年の6月初めに撮影されたものです。

Dsc_1126

マスカテルはグリーンフライが飛来して、茶葉を齧ることによってマスカットフレーバーをつくります。マカイバリの名前を有名にしたのが、このマスカテルです。

マカイバリの夏摘みならではの味と香りをぜひお楽しみください!
入荷日が確定しましたまたご報告させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

ラジャ・バナジー氏の誕生日

8月27日はマカイバリ茶園主ラジャ・バナジー氏の誕生日でした。
今年で70歳を迎えられました。

Dsc_1016

お誕生日メッセージを送ると、「Thanks for all your good wishes and support! あたたかいご好意と支援をありがとう 」と短いメッセージが届きました。

ラジャ・バナジー氏と出会って20年近くになります。日本での総代理店をもらい、ラジャ・バナジー氏よりマカイバリのことを一所懸命学びながらマカイバリジャパンは今日まできました。マカイバリ茶園の理念、ラジャ・バナジー氏の哲学、茶園の自然環境やコミュニティのことなど。それらすべてが関連しあって素晴らしい紅茶がつくられることも学びました。

Img_1302


マカイバリ茶園とマカイバリジャパンの理念は

Sustainableサステイナブル(持続維持可能性)

Diversityダイバーシティ(多様化)

Holisticホリスティック(全体的なつながり)

lively(生き生き)


私たちとラジャ・バナジー氏はまるで家族のような関係です。最初は英語が分からず苦労しましたが、少しづつマカイバリを理解するうちに、ラジャ・バナジー氏の難しい哲学用語や宇宙観が分かるようになってきました。
マカイバリ茶園は各国に一人の総代理店しかおきません。皆、ラジャ・バナジー氏とは長いつきあいです。まさにSustainableサステイナブルだと思います。

Dsc_0123
(ラジャ・バナジー氏と奥様のシュリパさん)

今年は雹(ひょう)被害から始まり、自宅の火事、そして今回の長引くストライキによる茶園封鎖。こんな逆境下においてもラジャ・バナジー氏は前向きに挑戦を続けます。人々のため、環境のために、最善の努力を惜しみません。ダージリンは封鎖されていますが、他のお茶園や生産者のところでオーガニック指導を精力的に行っています。

ラジャ・バナジー氏の正式の名称は「Swaraj Kumar Banerjeeスワラジ・クマール・バナジー」です。「ラジャ」の呼び名は、マハ(大きい)・ラジャ(藩王)の息子なので、誰もが小さい時から「ラジャ!」と呼び、ご本人も「ラジャ・バナジー」と自己紹介をしています。

Swarajスワラジ(独立)とはイギリス植民地時代にインドの人々のイギリスからの独立運動標語でもありました。誕生日も公式には1947年8月15日とし、まさにインドがイギリスから独立した日にしています。独立心旺盛な息子に育ってほしいというお父さんの願いどおり、ラジャ・バナジー氏はパイオニア精神で様々なことに挑戦し続けます。

70歳がラジャ・バナジー氏にとって素晴らしい年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧