カテゴリー「インド: 生活その2」の94件の記事

2018年9月18日 (火)

デリーの日々(18)インドは毎日が敬老の日

友人に「インドのよさの一つに年寄りを大事にしてくれるので居心地がよい」とメールしたところ、9月17日の日本の敬老の日に「インドは毎日が敬老の日」との返事をもらいました。そう言われてみますと、まさにその通りです。
そのほかに、動物も植物も自然体で生活の中で、共存、共栄していることも、居心地のよさです。


インドは巨大すぎて一言ではいえません。今回も象の鼻の先っぽほどの「私のインド」をお届けしました。


今日日本に戻ります。

このブログで東京から紅茶の話をお届けします。

今後ともご愛読よろしくお願いいたします。

最後に動物たちの写真で今回の「デリーの日々」は終わりにします。

地域飼い犬だった「しろ」。交通事故で、脚を骨折したため、手術をしました。手術後我が家の一員になりました。座り方が少しがおかしいですが日常生活に支障はありません。暴れん坊から行儀のよい犬に変身していました。
Photo


犬が4匹。このような姿は外で日常的にみられます。

Photo_2


以前ゴルフをしていた時に時々18ホールついてまわってきた犬が健在でした。
Goruhujyouinu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

デリーの日々(17)ハッピーハンターでの商談

今回約1か月のデリー滞在日々でしたが、ハッピーハンターには仕事関係の方との商談によく利用しました。日本のマカイバリジャパン姉妹会社としてインドのハウスカス・メインマーケットに5年前にオープンしました。

看板。下にはマハトマ・ガンジーが奨励したアンティーク糸紬機が飾ってあります。
Kannbann

入り口の木の扉は、100年前のジェーン教寺の門です。木彫りが素晴らしいです。御殿場の「時之栖」にも同じような扉がインドから取り寄せて大きなガラスケースにいれて飾ってありました。
Photo


この木彫りは結婚時に花嫁が嫁ぎ先に行く時にのる神輿です。
Mikosi


スタートはマカイバリ茶園紅茶を中心とした紅茶専門店でした。
Photo_2


紅茶関連グッズ
Photo_3


最近では日本人のパン職人さんがつくっている美味しいパン類も扱っています。
Photo_5

Photo_9


日本人女性土屋さんがヒマラヤ地方の農家の方と契約してオーガニックの野菜をハッピーハンターに納入しています。大変味濃い新鮮な野菜です。今回の滞在中美味しくいただきました。
Photo_6


Photo_7

何と土屋さんは手作り納豆まで自家製で作り始めました。風味があり大豆煮かげんが抜群。粘りも十分すぎる。新鮮で大変美味しいです。
Photo_8

パティシエの女性が5年前からつくっているケーキです。さすがプロの日本人好みの味です。
Photo_10

日本人女性2人のデザイナーが、インドの材料を使用して、お洒落な品々を作成して販売しています。

Photo_12


奥に3部屋ある喫茶室の紅茶もポットででてくる本格的紅茶です。ここがインドの生産者とお会いする商談の場所でした。
Photo_11


ハッピーハンターは、インドに個人で進出してきた日本人の方々に売る場所を提供しています。それとともにインドの小さな生産者のオーガニック野菜や果物、その他、優れた職人技術グッズ等・・・ ハッピーハンターで取り扱っています。様々な優れた商品が陳列されています。毎回インドに来るたびに楽しみにしています。


私どもマカイバリジャパンも日本で扱える商品があればインドの小さいオーガニック生産者の力になりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

デリーの日々(16)住宅街に猿の親子

お手つだいのキランから、「部屋を空ける時はテラスの戸は必ず占めてください。猿が家の中に入ってくるのです。」と注意を受けていました。

今朝その猿家族が下の大家さんのお祈り部屋の屋根に来ていました。父親猿 母親猿、子ども猿2匹です。

Photo_4

飼い犬「しろ」が激しく吠えるので、子ども猿を背中にのせてすぐに去って行きました。
Photo_6


キランは「子ども猿がかわいいですね。」「早朝に5~6猿家族が来ていたんですよ。」「時々来るのです。誰かが餌をあげるのです」とひとしきり猿を話題にしていました。インドの人にとって猿も牛と同じに大切にされている動物です。日本ですと捕物帳になりますね。

グレイター・カイラッシュにある高級商店街でも、地域飼いの犬がきもちよさそうに横たわっています。
Syoutenngai_2

通路には水のみいれが犬用に置かれていました。真ん中の柱の下です。
Photo_7

インドでは動物、鳥、・・・・樹々・・・。生命のあるものを大事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

デリーの日々(15)インディアン・インターナショナル・センター

イギリス統治時代からのクラブが私の知る範囲でデリーには3つあります。先日テニスの人のクラブ・ジム・カンナ・クラブに行った様子をアップしました。今日はインディアン・インターナショナル・センターについてです。ここもメンバーと一緒でなければ行かれません。


緑多いロディ公園に隣接してつくられています。文化人の為のクラブですので図書館、講堂、会議室、宿泊施設、食堂が設置されています。、

Photo


ここの食事も大変美味しいので、メンバーの人がよく連れていってくれます。
Iriguchi

ジム・カンナ・クラブやデリーゴルフ・クラブ(私はこのメンバーカードをもっています。)に比較すると、ご高齢で、いかにも学者とか文化人といった方々を多く見かけます。
Photo_2


静かな声で、楽しそうに食事をされています。子供は入場禁止です。
Photo_3


庭には円形の建物を取り囲んで大きな池があります。緑はハスの葉です。開花時間になると大変美しい花を咲かせます。
Photo_4


池には、日本でみかける鯉がいました。
Photo_5


日本からこられる政府招待の文化人の方々はここに宿泊されることが多いです。
以前に自然農法家福岡正信氏がマカイバリ茶園を訪れた帰りに、このインディアン・インターナショナル・センターで講演会をしたことを思い出しました。

帰り際遠くを見ると雲が美しかったです。デリーも秋が近いです。
Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

デリーの日々(14)自宅での接待

最近インドでは自宅での接待が少なくなったと、このブログで書きました。ところが昨日「女だけのパーティーをするから」とご自宅に招かれました。友人のご主人は地方に出かけていてご不在でした。

自宅は彼女がスペイン人、ご主人は300年以上続くインドの名家ですので、新しい感覚と古いインドの家具がうまく調和して素敵な空間でした。

応接間。広いので3枚に分けて撮影しました。
Photo


応接間。古い時代のピアノがあります。
Photo_2

年代物の古時計。
Photo_3


奥の壁には、世界各地のお皿が飾られています。
Photo_4


インド人の方は女医さんです。ウイスキーを食前酒として楽しみました。
Photo_5

学校の先生をしています。
Ruera


「シンプルディナー」との友人の説明。ワインが出ました。テーブルは赤色に統一されています。実はスペイン人の彼女はお手伝いさんを上手に指導するパーティーの達人です。
Teburu


お互いに気心のしれた長年のお付き合いの女4人でしゃべり続けました。新しい時代がインドにもきています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

デリーの日々(13)大坂なおみ全米オープン優勝新聞記事

大坂なおみが全米オープンで日本選手初のグランドスラム制覇の快挙を達成しました。試合後の記者会見では、幼い頃から憧れだったセリーナとの決戦を振り返り涙。インドの新聞にも次々に記事が出ます。インドの新聞にこれだけ何回も記事になることは珍しいことです。世界ランク7位に浮上。


トップページの一番上に掲載されています。
Photo


スポーツ欄には、記者会見で「ありがとう」 「すみません」と言葉にしたこと等が書かれています。
Photo_4

大坂なおみが記者会見で話した内容が特別枠の色で強調されていました。
Buru

上の写真は、女優Meryl Streep(メリルストリープ)が試合を観戦。下の写真はトロフィーをもった大坂なおみ。
Photo_3


圧倒的なプレッシャーと、威圧感の中で戦い抜き、冷静さを失わず王冠を勝ち取った大坂なおみ。人の気持ちを思いやる優しさ。世界の称賛と同情を集めた表彰式での彼女の振る舞いに胸打たれるものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

デリーの日々(12)インドでフランス料理

ついこの間まで、インド社会での接待は自宅が多かったのですが、最近はレストランで・・・という接待が多くなりました。

今日は昼食に本格的なフランス料理をご馳走になりました。

場所はスンダル・ナガール・マーケット(Sundar Nagar Market)。閑静な住宅街に併設している商店街の一角。
デリー・ゴルフ・クラブのすぐ近くです。
Photo

店内の入り口。
Photo_2


混む店なので、12時半オープンに向けて一番で入りました。その後30分以内に満席になりました。
Photo_3


テーブルには生き生きとした生花が.。
Photo_5

昼間でしたが、フランス・ワインで乾杯。インドはアルコール類の輸入にかける税金が高く日本市場価格の3~4倍します。保存が行き届いて美味しいフランスワインでした。
Photo_4


メニューです。料理は繊細で美味しかったです。パンは手作り。本格的にフランスで修行してきた料理人がいるとのことでした。
1


料理の写真を撮りたかったのですが、場の雰囲気で撮影できませんでした。
スープ 前菜 鴨 サーモン その他でした。


一昔前は、インドで外国料理を食べると「もどき」がほとんどでがっかりすることが多かったのです。この店は日本で食べるフランス料理に近い味でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

デリーの日々(11)ジム・カンナ・クラブで昼食

私が知る範囲で、デリーにはイギリス時代からの由緒あるクラブが3つあります。一つがこのジム・カンナ・クラブ。あと2つは、文化人のためのインディアン・インターナショナル・センターとゴルフをする人のためのデリー・ゴルフ・クラブです。

今日招待されたジム・カンナ・クラブはテニスの人の為のクラブです。どのクラブもメンバーと一緒でなければ利用することはできません。昔からメンバーの数が決まっているので、メンバーを取得するのに20年以上かかると聞いています。どのクラブにも食事をする設備が整っていてそこの食事が美味しくメンバー価格で安いのです。


イギリス統治時代の建物。廊下が広くて天井が高い。歩いている人と比較するとその高さがわかります。
Photo

このホールはイギリス時代はダンスホールでした。今日は催しものがあってその後のお茶タイムに利用するためにテーブルが設定されていました。床は木です。
Horu2

クリーム・トマトスープ。おしゃべりに夢中になってメインの料理の写真を撮り忘れました。スパゲッティ、グラタンと
チキンカツそのほかでした。手作りプディンも美味しかったです。
Tomato

スタッフの方です。胸に名札をつけてキビキビと働いています。
2_3


ふっと遠くを見ると40年来の友人ご夫妻が、2人でお食事をしていました。3か月ムスーリという避暑地の別荘で過ごされていたのです。あちらもすぐに私を見つけてくださいました。
2

外に出るとテニスコートが何面もあります。
2_2


今日昼食に招待くださった方は、お父上が日本で駐印大使をされていた方のお嬢様です。ご両親と一緒に3度の日本駐在を過ごされた日本通の素敵な方です。このブログでも過去にご紹介しています。
Photo_3


今日9月7日インドの新聞に掲載されていた大坂なおみさんと錦織圭さんの記事です。タイトルは大坂なおみさんが主役になっています。決勝戦にまでたどり着かれたのですからすごいことですね。優勝してほしいです。インドもテニスはイギリスの影響で強いですし、盛んです。インドにはテニスフアンが多いですから大坂なおみさんも新聞記事に2度も取り上げられたのだと思います。
Photo_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

デリーの日々(10)テニス大坂なおみの新聞記事

台風21号の関西空港をはじめ大きな被害が、インドのテレビでも伝えられて心配をしていたところへ、、今度は北海道地震のニュース。海外にいると日本のことが気になります。一日も早い復旧をお祈りしております。


テニスの大坂なおみが日本女子初の全米OP4強。四大大会では伊達公子以来22年ぶり、とインドの新聞タイムズ・オブ・インディア スポーツ欄右トップで掲載されていました。
Photo_8


少し古くなりましたが、アジア大会競泳6冠の池江里璃花子もタイムズ・オブ・インディア スポーツ欄右トップで掲載されていました。
Photo_9

インドの新聞で日本のことが記事になることはほんとに少ないのですが、このお二人は素晴らしい。

海外にいると日本人の活躍は嬉しいですし、インド人との話題に出た時も少し鼻が高いです。この感覚が不思議です。

インド・デリーも連日大雨が降っています。例年ですとセカンド・サマーで、気温があがり連日さわやかな暑さになるのですが、今年はまだ降り続いています。最近はインド人もまず天気のことを話題にします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デリーの日々(9)インドでレバノン料理

デリー在住のスペイン人友人に昼食を招待されました。

場所は観光地として有名なクトゥブ・ミーナールのすぐそばに開発された、クトゥブ・ミーナール・ヴィレッジです。
広い敷地に大きな立派な近代的建物がいくつも建てられていました。
Photo


その中の一つがレバノン料理レストラン『RAVAASA』です。友人の知り合いが経営をしているそうです。
出来立ての料理が出てきて美味しくいただきました。

チーズと野菜を餃子のように包んでいます。
Photo_3


チーズ巻きの中にラムのひき肉が入っていました。
Photo_4


トマト味にラム肉
Tomato


ライス
Photo_5

友人
Photo_6

お洒落なメニュー説明書
Photo_7


香辛料のバランスがよく、人生初のレバノン料理を美味しくいただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧